お知らせ

アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法ができます。スギやダニのエキスを舌下に毎日滴下します。3~5年継続することで70~80%の方に症状の改善が期待できます。1回目はクリニックで服用してもらいますが、その後は毎日自宅で服用し早ければ数ヶ月で効果がでてくることもあります。予約診療になりますのでお電話でお問い合わせ下さい。

B型肝炎ワクチンを接種しましょう

B型肝炎の感染は肝硬変や肝臓がんのリスクを高めます。輸血や母子感染だけではなく感染経路のはっきりしない保育園での集団感染例などが報告され体液などにも感染力があることが報告されています。


風疹の予防接種には助成があります。

風疹の抗体価が十分でない方は風疹の予防接種の助成が受けられます。市町村により助成制度は異なりますが妊娠を希望する女性やその配偶者、同居者も対象になる場合があります。詳細は下記を参照下さい。

倉敷市岡山市早島町

日本脳炎ワクチンの接種時期について

日本脳炎の標準的な接種年齢は3~4才ですが小児科学会では「日本脳炎流行地域に渡航、滞在する小児」「最近日本脳炎患者が発生した地域豚の日本脳炎抗体保有率が高い地域に居住する小児」に対しては生後6ヶ月からの日本脳炎ワクチンの接種を推奨しています。蚊の飛行距離は約2kmといわれ千葉で報告された日本脳炎の乳児の自宅近隣には養豚場等が散在していたようです。養豚場の近隣に滞在することがあるなどのリスクがある場合は早期接種を考慮してもいいと思います。

 


アトピー性皮膚炎、湿疹の外用剤治療

湿疹はまずステロイド外用剤等をしっかり塗布して皮膚の炎症をなくすことが大事です。湿疹が改善してもステロイドの間欠的な塗布をしばらく続けることで目に見えない炎症までなくすことができ再発を防ぐことができます。当院ではプロアクティブ療法でアトピー性皮膚炎等の治療を行っています。

 

 

 

 

 

子宮頚癌ワクチンを接種しましょう

 子宮頚癌は患者数・死亡者数とも近年増加傾向にあります。子宮頚癌の大部分はワクチンで予防することが可能ですが過去にけいれんや体の痛みが出る副作用が報道された結果、接種率が低下しています。しかし報道されたほとんどの例でワクチンとの因果関係はないと考えられています。また世界的にも安全性は確認されているワクチンです。小学6年生~高校1年生の女児に無料で接種できます。


小児救急医療電話相談をご利用下さい

♯8000または

086-251-6608

詳細は「急病のときは」をご覧下さい

 


茶屋町こどもクリニック

倉敷市茶屋町495-1

  086-428-2888

    予防接種乳児健診

  月・火・木・金

  14:30~15:30(予約制)

         

    曜午後・曜午後

         日・祝日休診

 

     診療時間

  9:00~12:00

(午前の受付は8:45から開始します)

14:30~18:00

     感染症情報

現在の感染症の流行状況を確認できます。

   倉敷市  岡山県

 岡山県の大気の情報

岡山県の花粉の飛散情報

    花粉なう

  喘息指数の予報です

  熱中症予防対策

    熱中症予防情報サイト